本文へスキップ

観光旅行、合宿・冠婚葬祭・企業・スポーツ大会送迎

安全運行について

安全運行についてTOP

安全運行への取り組み − 乗務員教育


当社では、輸送の安全確保を第一に、安全、且つ、快適に貸切バスをご利用頂けるよう、
デジタルタコグラフ、ドライブレコーダーについての研修をはじめ、乗務員教育を徹底し、
全社を挙げて安全運行への取り組みを実施しております。


1年に2回、すべての運転士を対象に安全運行に向けた全体教育を実施しています。


運行管理者とベテラン運転士を交え、安全運行への取り組みについて意見交換を行っています。


個々の運転士の運転状況チェック及び適正面談を実施しています。


いかなる状況でも安全運行ができるよう、危険予測講習を定期的に実施しています。


万が一の車両トラブルにも対応できるよう、ベテラン運転士による教育を実施しています。


精密な機器類も運転士自らが定期的に点検整備しています。


万が一に備えて、非常時の脱出訓練も行っています。


ドライブレコーダー及び衝突防止補助システム

貸切バスに対するドライブレコーダー装着義務付けについて
国土交通省では貸切バス事業者に対し、運転者へのドライブレコーダーを活用した指導及び監督を平成29年12月より義務付けるとともに、「ドライブレコーダーにより記録すべき情報及びドライブレコーダーの性能要件を定める告示」を定め、告示に適合するドライブレコーダーの装着について、下記のとおり周知徹底の依頼がありました。
1.新車について、平成29年12月1日よりドライブレコーダーの装着を義務付ける。
2.登録車について、平成31年12月1日より装着を義務付ける。
3.平成29年12月1日時点で既に一定の要件を満たしたドライブレコーダーが装着されている場合、平成36年11月30日までの間、これを使用することができる。




当社ではレトロ車以外の全車両でドライブレコーダー(写真左)の取付けを完了しております。
併せて、衝突防止補助システム(写真右)につきましても、レトロ車以外の全車両で取付けを完了しております。




衝突防止補助システムについて
当社ではドライバーによる一瞬の不注意による事故を防止するため、衝突防止補助システムをレトロ車以外の全車両に装着しております。

おもな安全効果
@ドライバーのもうひとつの眼となって約2.7秒先の危険を予測します。(瞬間安全効果)
フロントガラスにカメラユニットを設置し、前方車両・人物・車線を常にモニター対象物までの距離と相対速度から「衝突までの時間」を計算し、衝突の危険が迫るとアイコンとビープ音で危険を警告します。
Aドライバーの運転の癖を矯正します。(予防安全効果)
上記、危険予測機能により警報音が鳴ることによって、ドライバーがウィンカーをだして車線を変更する、適切な車間距離を保つようになるなど、警報が出なくなる運転を心がけるようになります。海外での統計によると使用開始後約3週間で、警報数が半減したとの報告もあります。



未来交通

<事業本部>
〒373-0015
群馬県太田市東新町412-2
 TEL 0276-52-8880
 FAX 0276-52-8881

窓口営業時間
 月〜金 09:30〜17:00
 ※土・日・祝日は休業

<本社>
栃木県足利市粟谷町140-2
 TEL 0284-62-0970

inserted by FC2 system